ほんこんからさぶかるる@弐
上海から香港に戻りました。新年快楽!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビンボー人はパンを喰え?



1992年放映の東京ローカルの深夜番組、
モグラネグラの映像を見つけました。( ̄ー ̄)v
爆風スランプのサンプラザ中野とパッパラー河合が司会。
ゲストはBeyond+岸谷五郎。
Beyondはモグネグに何度か出ましたが、
この時の放送が一番面白かったです。


番組の後半はBeyond VS 岸谷五郎の
「売れない頃は大変でした。ビンボー自慢大会」で盛り上がりまして、
Beyondの面々が
「大きなパンを4人で分け合いました。」(。>_<。) と
語っておりましたが、
かつての香港において、パンの地位は低かったのです。

私が香港に来たばかりの頃、ランチタイムに、
パン+ヨーグルトのお昼ごはんを食べていたら、
香港人の同僚からぶしつけに
「そんなに貧乏なの?」と訊かれました。Σ( ̄ロ ̄lll)
日本のランチ的には、ふつーなんですけど?とカルチャーショック。

てな訳で、香港のパンって一体?と調べてみたら、
お腹がいっぱいになればとりあえず良いや~的な存在?
特に西多士はブルーカラーの重労働の人たちが
カロリーが取れれば良いや的な発想から始まって、
美味しいのでデザートに昇格って、
一般人のデザートにしては、カロリー高すぎなんですけど、
下午茶→間食として戴いています。香港の皆さんたち...。


今は美味しいパンを食べる事が出来る香港です。
お値段も美味しいパンは日本並みかな?
安くてびみょーな味の(早く食べないと辛い)パンも存在しますが、
今では私がランチでパンを食べていても、
誰もビンボーなの?とは訊きません。それなりのお値段のですし...。

そんな話を上海で、現地在住の友人と話していたら、
状況は似た様なものらしいです。
「日系や韓国系の美味しいパン屋さんが増えました」との事。
韓国系のパン、北京の五道口で食べた事がありますが、
日本のとは違う美味しさでした。



んでもって、こちらもBeyond+爆風スランプのコラボ。



「長城」+「リゾラバ」。わきあいあい...。


スポンサーサイト

テーマ:(´Д`;) - ジャンル:日記

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

お天氣@香港

ゆるゆる香港時間

Google Map @ 香港

顔文字教室

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  12 

カテゴリークラウド

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント(コンパクト)

データ取得中...

最近のトラックバック

links & fiends

歓迎光臨


Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー

Visitors to THIS Blog

ROCKとかPUNKとかBANDとかの点取り占い

こぱんださん

WEB翻訳(英語・中国語)

Mail to:

name :
address:
title :
message :

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。