ほんこんからさぶかるる@弐
上海から香港に戻りました。新年快楽!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

走在大街的女子

2007-11-18 sandy 01


11月13日と18日に、九龍灣・國際展貿中心・匯星(StarHall)で行われた
憶蓮Live 07に行ってきました。

林憶蓮(Sandy Lam)のコンサートは
05年11月の紅館以来、丁度2年振りです。
今回のSandyのコンサートはStarHallのこけらおとしとして、11公演行われましたが、
Sandyはコンサート前のインタビューで
「香港のコンサートで今までにないスタイルの、
音楽中心として進めたい」と抱負を語っていましたが、
どーいう形になるんだろ?と想像がつきませんでした。

StarHallはキャパ3600の普通のコンサートホールです。
アリーナ部分は平らで、移動椅子を置くのが、観るには辛いですが、
落ち着いて観る事が出来ます。

今回のコンサートは、確かに今までの香港のコンサートとはかなり違いました。
シンプル、そしてこれまでかっ !! と言う位音楽で勝負しています。
舞台セットも殆ど無く、バックは白い壁
その替わり白い壁は様々なスクリーンとなり表情を変えます。

特に今回やられたのは走在大街的女子。。・°°・(;>_<;)・°°・。
思い入れの有る曲ですが、初期の頃の北京語曲なので
まさか香港で聴けるとは思わなかたです。

11-18 sandy 04

スクリーンはSandyの顔が沢山になりますが、
同時にSandyのコーラスによるアカペラ伴奏で歌われます。
もうやられました。

新しい曲、古い曲まんべんなく登場して、
全ての曲がCDとは違うアレンジになっていて、
初めての場合、中々???と考えながら、音楽に集中していました。
FanClubサイトによると、
セットリストは毎日びみょーに違っていた様です。

2007-11-18 sandy 03


音楽総監は勿論倫永亮(AnthonyLun)
それからMacChew(SheilaMajidとのパートナーとして知られた)と
Anthonyが両脇でピアノというのが、私にとってすんごく贅沢でした。

コーラスにAngelita Liが入っていたのが結構嬉しかったですが、
DavyChan(至少還有Ni)からかな?




スポンサーサイト

テーマ:お気に入りアーティスト - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

お天氣@香港

ゆるゆる香港時間

Google Map @ 香港

顔文字教室

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

月別アーカイブ

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  12 

カテゴリークラウド

ブログ内検索

最近の記事

最近のコメント(コンパクト)

データ取得中...

最近のトラックバック

links & fiends

歓迎光臨


Yahoo!ボットチェッカー Googleボットチェッカー MSNボットチェッカー

Visitors to THIS Blog

ROCKとかPUNKとかBANDとかの点取り占い

こぱんださん

WEB翻訳(英語・中国語)

Mail to:

name :
address:
title :
message :

RSS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。